トップイメージ

福祉住環境コーディネーターとは

福祉住環境コーディネーターとは、東京商工会議所が実施する検定試験(民間資格)です。

高齢者や障害者に対して住みやすい住環境を提案するアドバイザーです。
医療・福祉・建築について体系的で幅広い知識を身につけ、各種の専門職と連携をとりながらクライアントに適切な住宅改修プランを提示します。また福祉用具や諸施策情報などについてもアドバイスします。

福祉住環境コーディネーターの将来性

現在日本では社会の高齢化が急激に進行しています。
そして高齢化、長寿命化により、身体に障害がでてきても日常生活を送ることができる環境が整ってきています。
そんな中、自宅をバリアフリーに改修をしたり、各種補助金を受けたりする際に一般の方ではなかなか専門知識に乏しく、どにょうな改修が良いのか、どのような業者に依頼すれば良いのか、どのような補助金があり、そのように受給できるのかということはなかなか判別することが難しいことが多いのが現状です。

そのため、福祉住環境コーディネーターが専門家としてアドバイスをする機会は増えてきています。

また、企業がバリアフリー化を進める際や、福祉事業に進出する際にも大きな役割を果たすことがあり、今後の高齢化社会に向けて活躍の場はますます広がっています。

最新情報

おすすめリンク

ベース初心者 中国語の発音 耳鳴りの治療 人間関係 相続手続き

 

Copyright (C) fukusi.seiho-navi.com All Rights Reserved.